年賀状 仕分け バイト

年賀状の仕分けのバイト

年賀状の仕分けのバイトは短期間でまとまったお金を稼ぐことができるということで、バイト初心者や高校生に人気があります。

 

実は私(管理人)は家が厳しくて高校時代、バイトをすることを禁じられていたのですが唯一許してくれたものが郵便局の年賀状仕分けでした。その頃は郵便局はまだ民間の会社ではなく公のものでしたから、安心できたのでしょうねw。

 

初めてのバイトでしたので緊張しながら面接に行ったのを今でも覚えています。面接は思っていたよりもあっさりと終わり翌々日あたりに合格の連絡が来たように覚えています。

 

その頃はインターネットなんていう便利なものは存在していなかったので、直接郵便局に行って応募用紙を貰ってきました。今はネットで簡単にバイトに応募ができるのでちょっと今の人たちがうらやましいです。

 

で、肝心の年賀状の仕分けでしたがすごく「楽しかった!」です。仕事自体は慣れるまでは大変に感じますけれど慣れてしまえばだれでも余裕でできると思います。自分が初めてのバイトだったというのもあったかもしれませんが、仕事が終わってから先輩たちとご飯を食べたりする経験がなかったのですごく刺激的でした。一緒に応募した友人は普段はファミレスでバイトしていたのでそれほど刺激を受けているようには見えませんでしたので多分自分だけ盛り上がっていたのでしょう(^^;

>> バイトの応募はコチラから出来ます!<<

 

年賀状仕分けバイトを申し込むならこの求人サイト

1年に一回の大イベントなので全国のバイトの募集数も半端じゃなく多いのですが、逆に人気もすごくあるので早めに応募した方がいいと思います。毎年毎年この時期だけ郵便局に働きにくるリピーターもたくさんいるんですよ。

では、お正月にガッツリ稼いでリッチな状態で新年を迎えましょう!!

 

バイトルドットコム

「バイトするなら♪バイトルドットコム♪」なんて歌のCMが結構テレビでも流れていたのを覚えている方も多いのでは?ここ数年で急上昇してきた人気の求人検索サイトです。「郵便局」で検索する と仕事先がたくさん掲載されていますよ♪

 

マイナビバイト

マイナビグループは様々な対応の求人サイトを運営しています。看護師専門サイトであったりIT転職だったりします。もちろん中高年の方ができる仕事先も多く掲載してあります!

 

ジョブセンス


ジョブセンスの最も際立ったメリットはなんといってもバイト先が決まるともらえる最大2万円の「祝い金」制度!求人案内数も多いのでぜひチェックをしてくださいね!

 

 

年賀状以外にも短期で稼げるバイトはたくさんあります!

クリスマス、お正月、年末年始のスペシャル短期バイトは「お祝い金制度」のあるジョブセンスがおすすめ!仕事が決まると最大2万円ももらえちゃうんですよ♪

【ジョブセンス@アルバイト求人情報】

 

僕たち私たち年賀状の仕分けバイトしました!

千葉県流山市で年賀状仕分け

 

学生の頃、お正月の時期に帰省するので、実家のある千葉県流山市の郵便局でアルバイトしていました。

 

きっかけは、自宅に郵便局からアルバイト募集の広告が入っていたからです。ちょうど、冬休み期間だけ働きたかったのでちょうどいい仕事だと思い公募しました。他のアルバイトさんは、高校生くらいの子が多かったです。
なので、時給もお安めな設定でした。時給900円くらいでした。

 

男性だと、配達も募集していて950円でした。バイクではなく、自転車での配達です。希望すれば、女性もできるらしいのですが見たことなかったです。アルバイト代は、郵便貯金の口座に振り込まれます。私は持ってなかったので、その場で作らされました。

 

仕事内容
私の仕事は、機械である程度(自治会の班ぐらい)の仕分けされてきた年賀状を、1件ずつ分けるという仕事でした。慣れれば、誰でも出来る簡単なお仕事です。座りでの作業なので、そんなに疲れる感じもありませんでした。

 

私は大丈夫だったのですが、アレルギー体質の子がハガキから出る「紙ぼこり」がダメだったらしく、作業をはじめると咳と鼻水がたくさん出ていました。

 

特に、問題なく勤務期間を終えることができました。私のような内勤は誰でもできると思うし、期間も融通が利くので是非お勧めです。

 

人見知りな人もOK!年賀状仕分け

 

京都在住の21歳、学生です。私が行った年賀状仕分けのアルバイトについて書かせていただきます。

 

このアルバイトの情報を知ったのは、地域住民に送付されていると思われる年賀状に関する広告に掲載されていた短期アルバイトスタッフの募集です。
勤務場所は京都の右京郵便局でしたが、全国各地で募集はかかってると思います。
10月頃、特にアルバイトをしていなかった私は、12月の時期も特に忙しくなる予定もなくアルバイトでもしておこうかと考えていたところだったので、さっそく応募しました。

募集時期

11月初旬に面接を受け、11月中旬に説明会を受けたのち11月下旬から働きはじめました。

 

集積されてきた郵便物を地域ごとに分類することが主な仕事内容になります。
おそらく多くの人が郵便局スタッフと聞いて思い浮かべるのは手配りによる分類だと思いますが、実際はそう多くもありません。
ハガキに関しては、記載された住所を読み取る機械を通すことで大まかに地域ごとに振り分けることができます。
一部読み取れないものに関しては、コンピュータで情報を入力することで再度振り分けを行います。
それでも振り分けられないもの、ハガキサイズを超える広告や荷物関しては、手配りによって振り分けを行います。
従って、運ばれてきたハガキのうちごく一部を手配りにより振り分けるのです。

 

メリットとしては、運ばれてきたものを全て分類してしまえば、次の荷物が運ばれてくるまでは仕事がないため休憩となるところ、
深夜の労働になる為時給が少し高くなるところが挙げられます。

 

デメリットとしては、手配りによる仕分けの為に地域ごとの振り分け先を覚えるのが難しいこと、
年末年始にはほぼ連日で深夜に入ることになるので生活リズムが狂うことなどが挙げられます。
私自身、年越しは労働中でした。

 

給料の振込に関してはゆうちょへの振込です。
年末年始の前に12月から働いていましたが、一か月で10万円ほどゲットできたので割は良いと思います。

 

単純作業が続くので、ひたすら作業し続けることに耐えられる人には向いていると思います。
黙々と作業するのはつらくなるので、作業効率を落とさないようにしつつ仲間と世間話でもすると楽しく働けると思います。
接客することもないので、人見知りの私としては気楽に働くことができました。

 

配達員さんが配る順番通りに住所を並べ、その通りに年賀状を仕分けするだけ

 

私が経験した年末のアルバイトは郵便局での年賀状の仕分け作業でした。
私は女性で当時、まだ学生の20歳の時に年賀状の仕分けのアルバイトをしました。
大抵大きな郵便局でアルバイトを募集しているのですが、私が住んでいる町の小さな郵便局でもアルバイトの募集をたまたまアルバイト雑誌で見つけ、しかも応募したのが私だけだったのですぐに採用されました。
まずは年賀状ということで住所や年賀状などの内容が分かってしまうので
個人情報の取り扱いは絶対守ってくださいと厳重な注意や説明を受け、ビデオを見て勉強させられました。

 

 

作業自体は配達員さんが配る順番通りに、住所を並べ、その通りに年賀状を仕分けするという簡単なものでした。

しかし、田舎だと同じ苗字が地域で密集しているので、年賀状に書かれている番地が違ったり、
郵便番号が違ったりでそこは自分で調べたり、聞いたりして的確に仕分けなければならなかったのでそこだけは難しかったです。

 

報酬の支払い方法

報酬の支払いは短期なので郵便局の通帳にまとめて自分が働いた時間給が最終日3日後くらいにまとめて振り込まれました。
年末のバイトは短期なのでちょっとだけ稼ぎたいという方にはいいですがすぐに次の仕事を見つけなければならないのがデメリットですね。
でも私は年末のアルバイトをしていい経験をさせてもらったと思います。

 

もくもくと作業をして4万円貰いました!

 

私は、34歳の女性です。以前郵便局の年末年始の年賀状の仕分けのアルバイトをしました。

求人広告誌を見て応募しました。
仕事内容は、年賀状を町や地域ごとに仕分けすることです。
よくテレビに出ているような、たくさん仕切りがある、木の箱に仕分けし入れていく作業になります。

 

朝早い時間帯を選びましたが、お昼までに終わるのがよかったので、早朝の時間帯を選択しました。午後からの人たちは、家ごとに年賀状を仕分けしていたようでした。
最初は、どこにどの町のボックスなのか分からないので、仕分けも遅いですが、慣れてくると、とても早くできるようになります。

 

報酬額は、4万円くらい貰えたと思います。お仕事終了後にまとめて、振込されました。ただ、仕事内容はきつくありませんし、もくもくとする作業です。また、年賀状の数が少ない日もありますので、暇なこともありました。

 

 

年末年始に友達と遊びたい人には向いていないかもしれません。
高校生可の年賀状仕分け

高校生でも、アルバイト禁止としている高校も許可が出ることもあるようですので、そういった面ではよいと思います。
年末年始のアルバイトは他にもっと時給のよいアルバイトもあると思いますので、お給料重視の人は他の仕事の方がいい気もします。

 

年末年始も仕事と思うと憂鬱かもしれませんが、やってみるとすがすがしいです。
なによりお金ももらえますので、ぜひ頑張ってください。

 

高校生の時に小田原でバイトしました

 

横浜市在住の林と申します。36歳の女性です。

 

高校生の時に小田原市の郵便局で年末年始のアルバイトを行った事があります。年末年始のアルバイトを郵便局に決めたきっかけは紙ベースの求人広告です。
年賀状の振り分けを行う事が仕事内容です。

 

年賀状を含む郵送物は機械によって自動的に振り分けられているのですが、住所や氏名の判別が容易ではない年賀状を手作業で住所毎のボックスに振り分けていきます。ちなみにボックスは番地毎に細分化されています。毎回、異なるボックスを担当する事が多い傾向です。

人と話すのが苦手な人もOK!

ちなみに一人が一つ以上のボックスが入った棚を担当する為、基本的には他のアルバイトと話をする事は無いアルバイトです。

 

 

分からない事があった場合には担当者に声をかける事が出来ますが、特に困る事は無いです。時給制だった為、時給に労働時間をかけた金額を報酬として受け取る事が出来ます。

 

報酬は郵便局の口座に振り込まれます。

 

基本的に一日の勤務時間が短かった為に長い休憩は無く、適宜休憩を取るスタイルです。シフトは予め希望の日程を提出する為、ある程度スケジュール調整を行う事が出来ます。高校生であった為、それ程金銭を稼ぐ必要には迫られていなかった事や社会経験を得る為のチャンスとして検討した場合に郵便局のアルバイトは比較的適しています。